2月11日、青森県南部町の「南部地方えんぶり」を撮影する為、南部町剣吉地区へカメラ片手に出かけた。
県南各地で「えんぶり」が行われるが、この「南部地方えんぶり」が一番早く開催される。春を呼ぶえんぶりと謳われており、
差し当たり「春 一 番」とでも・・・・・。
この伝統芸能も、少子高齢化により、途絶えてしまった演目、さらには無くなったえんぶり組も数多くある。
「文化」か「文明」か? 近年、民俗芸能はこの壁を超えれないでいる。   (明治維新の折、この壁を越えた人物がおります)
こういう環境下にある中で、この「えんぶり」に対峙した時、演ずる人達の人柄までも映し込みたいと願うようになった。                                                                    

                                                                                                                                      

                                                                                                                                                                                                 

                                                                            「南部地方えんぶり」