DO29号 グランプリ受賞作品

ハ ネ ル


審査員   杵島 隆 

杵島 隆 氏 評
  夏の名残りは盆踊りである。死者をなつかしむ追憶が盆踊りであるから祭りと違った空気が漂う。写真の素材としては格好な物だが、夜の為困難な壁にぶちあたるのも盆踊りである。このたびの上位3点は困難な夜の被写体を見事にこなして優劣をつけがたい。というのは表現が違っているからだ。この作品はストロボを巧みに利用して娘たちの夢中で踊る姿を定着して成功したが、踊りのうずの中に自分を置いて内側から外をみたところに成功の原因があろう。夏の短い東北の、夏の名残りを荒っぽいほどいとおしんでいる娘たちの情感が素晴らしい。